初心者お役立ち

ルアー ってなんだ!?スプーン?ミノー?クランク?管釣りにエサは不要!?管釣りルアーを大紹介!!

ルアー ってなんだ!?スプーン?ミノー?クランク?管釣りにエサは不要!?管釣りルアーを大紹介!!

 

 

普段ふと思うことがあります。

どうしてみんな釣りをしないんだろう…?
こんなに楽しいのに。

そんな疑問を釣りをしない人に投げかけると大抵決まったような反をします。

えー、エサがキモい。
虫に触れないしー。

…ふふっ。

それなら何も問題は無いですね。

今すぐ菅釣りを始めましょう!!!!

なぜなら菅釣りでは
エサは使わないからです!!!!!

じゃあ何を使うのかといえば

そう、ルアーです!!!

ルアー?
ルアーってなんだ!?

ということで、今回は菅釣りで使うルアーについてご紹介!!!

スプーン

ケースに入ったスプーンルアー

菅釣りルアーの代表といえばスプーンです。

池のほとりのレストランで食事をしていた人が誤って池に落とした食器スプーン。

なんとトラウトがそのスプーンを追って食いついたではないか!

その様子を見ていた釣り人が試しにスプーンに針をつけて釣りをしてみると、

なんとトラウトが釣れたのである。

これがルアーフィッシングの始まりである…

上記のエピソードは
釣り人がドヤ顔で語るエピソードNo1としてとても有名な話です。(出典はしりません)

とにかくスプーンはルアーの元祖的存在なんですね。


ルアーのスプーンには柄の部分がないですね。
その代わりに針がついてる感じです。

その種類は多種多様

マジで多種多様。

1メーカーから4、5種類、下手すりゃもっと。

カラー、重さ、によるバリエーションを含めるとゆうに数千種類あるんじゃないでしょうか。
数えたことはありませんが。

それほどまでに多く世に送り出されているスプーン

スプーン持ってないよ、という菅釣り師はいないといっても良いでしょう。

しかしながら、スプーンを完璧に使いこなせている釣り人は実は少ないです。

なぜならばスプーンの釣りは非常に奥が深く、様々な知識、繊細なテクニックを必要とする、非常に難しい釣りだからです。

私も正直よくわかりません。

ともかく、菅釣りはスプーンに始まり、スプーンに終わるといっても過言ではないでしょう

スプーンの釣りについてもいずれ追求していきたいですね。

プラグ系

プラグといってもコンセントのことじゃないですよ。

プラスチックなどの固い素材でできたルアーのことを通称 プラグ とよびます。

そういえば

プラプラスティックの略ですが

はなんでしょう?

謎ですね

さて、プラグにもいくつか種類がありますが、
代表的な二つをご紹介!

ミノー

プラグといえばミノー

小魚をイメージした細身のシルエットの本体に
リップと呼ばれるプラスチック部分が付いています。
このリップの長いほど、ミノーがより深く潜るという仕組みになっています。

菅釣りに限らず、ルアー釣りにおいてプラグといえばこのミノーをイメージする人は多いんじゃないでしょうか。

まさにプラグの中のプラグ。

キングオブプラグといえるでしょう。

ケースに入ったミノールアー

キビキビとした動きでトラウトの本能を刺激し、リアクション的に喰わせます。
養殖場育ちのトラウトたちですが、ミノーの前ではつい野生がでちゃうんですね

そんなキングオブプラグ、ミノーですが、菅釣りにおいては主力 というよりはどちらかといえばサブ的なポジションに落ち着いている印象です。

先発完投型がスプーンならば

ミノーは抑えのエースといったイメージでしょうか。

とはいえ
スプーンには見向きもしないような魚をピンポイントで狙って釣ったり、
釣るのが難しいとされるヤマメやイワナを狙って釣ったり、など活躍の場はたくさんです。

また、ミノー中心の釣りはミノーイングとも呼ばれ、非常にエキサイティング、根強いファンも多いです。

クランクベイト

ミノーと比べると太めのシルエットに太めのリップ

プリっとした形がなんともかわいいですね。

まぁかわいい。

わたしがまだ子供だった頃(20年前くらい)は
菅釣りでクランクベイトなんて使っている人はほとんどいませんでした

というのもその頃はクランクベイト=バス釣りの為のルアーというイメージが強く、

菅釣りに適した小型のクランクベイトは非常に少なかったのです。

それが近年、クランクベイトは菅釣り用に小型化、進化を極めて
今では菅釣りルアーの主力中の主力、不動のリリーフエースとして大活躍しています。

釣り具の進化って本当にすごいですよね。

クランクベイトはスプーンやミノーと比べて非常にゆーっくりと泳がせることができます

トラウトたちのまえをプリプリとお尻を振ってゆーっくりと泳ぐクランクベイトちゃん

これにはスプーンに飽きたトラウトたちも堪らずパクっってなもんです。

その他

フェザージグ

ケースに入ったフェザージグ

スプーンでもクランクでもミノーでも釣れない時の救世主がフェザージグです。

針に毛を巻いたような見た目をしています。

いわゆる毛針 (フライ)というやつですね。

しかし、通常の毛針は自重が軽すぎて、ルアータックルでは扱うことができません
投げるためには、専用のフライタックルが必要です。

そこでルアータックルでも毛針を扱えるよう、開発されたのがフェザージグなのです

なぜそんな回りくどいことをするのかというと

フェザージグはめちゃくちゃ釣れるからです。

マジで釣れます。
フェザージグで釣れたニジマス

菅釣りに限らず、一日釣りをしていると全く釣れなくなる、魚の反応が全くない「魔の時間 」というものが必ずあります。

そんな時でもフェザージグなら釣れます

あまりにも釣れすぎるので、ルールでフェザージグを禁止とする管理釣り場も多くあるほどです。

それほどまでに釣れるフェザージグ。
釣れるが故に邪道扱いされることもしばしば。

個人的にはこれも釣り具の進化だと思っています。
魔の時間帯にも釣果をあげてくれるフェザージグのおかげで、一日中楽しく釣りができるのですから。

釣り場のルールと上手に付き合いながら使用していきたいですね。

まとめ

今回紹介したルアー以外にも様々なルアーがいっぱい!!
菅釣りルアーの進化は止まらない!!!

さぁ皆さまも最新ルアーを買って
Let’s菅釣り!!!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

日本一の釣りブログは↑のバナーから!応援お願いいたします。

ABOUT ME
ユッケ
管釣り=管理釣り場での釣りの楽しさを伝える、伝えたい。そんな感じのブログを運営しています。管釣りってなんだ!?秘密結社KTC !!(リンク:https: //whatkanturi.com ) 「貧乏釣り部員5時レンジャー」様((link:https: //gojirenjyaturibu.com/ )gojirenjyaturibu.com )の貧乏釣り部のメンバーとしても活動しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください