管釣りってなんだ!?秘密結社KTC!! 管釣り=”管理釣り場での釣りの魅力を伝える、伝えたい、そんなブログです。
釣り具あれこれ

デカミッツドライってなんだ!?ティモンの爆釣表層クランクでトップウォーターを攻略だ!!!

デカミッツ

ルアー紹介関連リンク
この記事に興味がある方はこちらの記事もどうぞ!!!

ダートランってなんだ!?ティモンの爆釣ダート系ルアーをご紹介!!おすすめカラーはエンドパンプキン!?

ブング(BUNG)ってなんだ!?ティモンの新製品の縦釣り専用ルアーを徹底解説!!

ザッガーってなんだ!?HMKL(ハンクル)製の名作ミノー、爆釣カラー「トッピングフード」とは!?

ハイドラムってなんだ!?ヴァルケイン製の4連ジョイントミノーを徹底解剖!!

釣り具あれこれ リンク

ドライってなんだ!?ティモンの爆釣表層クランクでトップウォーターを攻略だ!!!

 

 

「トップウォーター」

 

直訳すれば
水の頂点、つまり水面のこと。

 

転じて、ルアーフィッシングの世界では、

 

水面に浮かせたり極めて浅いレンジを泳がせることの出来るルアーのことトップウォーターと呼んだりします。

 

 

~今から約20年ほど前。

 

世間ではバス釣りが大流行していた時代。

 

小学生だった私も例に漏れずバス釣りに執心しておりました。

 

当然そのころからトップウォーターのルアーは存在していましたし、

 

ペンシルベイトやポッパー

 

私もいくつかのバス釣り用のトップウォータープラグを所持していました。

 

 

・・・・が、しかしこれらのトップウォータープラグで釣れた経験は皆無

 

 

釣るのはもっぱらワームやクランク、バイブレーション といったボトム系ルアーのみ

 

当時は、

トップウォーターで釣る = 難しい釣りにあえて挑む兵(つわもの)

くらいの認識だったわけです。

 

自然湖、野池での釣りはおろか、
バスの管理釣り場においても、トップウォーターで釣果をあげた試しはありませんでした

 

また、トラウトの管釣りにおいてはそもそもトップウォーターという概念自体が無かったようにも思います。(しらなかっただけかも…)

 

もしも管釣りでポッパーなんて使っていようものなら

「バス釣りのマネかな?ぷぷっ・・・。」

…なんて笑われていた時代です。(実際に笑われた経験はないですけども)

 

・・・・・・が、しかし、

 

釣具の進化というのは本当にすごい。

 

釣れないイメージの代名詞といっても過言ではなかったトップウォータープラグ(トップウォーターファンの方々すみません・・・)

 

近年の管釣りにおいてはスタンダード中のスタンダード。

 

トップウォーターを責めるのは基本中の基本であり

 

いまやトップ攻め
もっとも釣れる釣法のひとつとして、

 

管釣りでの地位を確立しているのです。

 

 

 

さて、今回はそんな管釣りにおけるトップウォータープラグの中でも特に人気のあるルアーのひとつ

 

ティモンから発売されている爆釣表層クランク

 

「デカミッツドライ」を大紹介したいと思います!!!

店頭に並ぶデカミッツドライ

 

デカミッツドライってなんだ!?

 

デカミッツドライ

 

 

店頭に並ぶデカミッツドライかわいい見た目。

 

ティモンから発売されているクランクベイトです。

TIMON デカミッツドライ リンク 

 

チャームポイントは”お尻に付いた目”。

デカミッツドライのライズマーカーギョロリ…

 

こいつでトラウトちゃん達を誘惑するわけですね。

 

デカミッツドライはいわゆるハイフロートタイプ(すっごく浮くってことですね。)のクランクベイトで

どれだけ速く巻いてもすこーししか潜りません。

 

…と特徴はいろいろありますが、なんといっても最大の特徴は

ほんとーーーーによく釣れるルアーだということ。

 

 

管釣りを本格的に始めた約2年前。

釣具屋の店員さんに”一番にオススメされた”のがこのデカミッツドライでした。

当時の店員さん曰く

「プラグをどれか一つだけというなら絶対デカミッツです。こればっかりは他に替えがきかないルアーなんで。」

・・・・・・ということでした。

 

トップウォーター = 釣れない という先入観があった当時

 

「ほんとかよ…」

「トップウォーターとか絶対釣れないだろ…」

 

と心の中で思ったものの、オススメを聞いてしまった手前引き返せずにとりあえずデカミッツドライを一つ買って釣行に出かけたのでした・・・・・・

 

…が!!!

 

デカミッツドライで釣れたニジマス釣れるっ…。

 

でかいニジマス釣れるっ!(これは50cmUPのニジマスです!)

デカミッツドライで釣れたイワナ釣れるぅぅ!!!!!

 

…店員さんの言葉はホントでした。(疑ってごめんなさい…)

 

トップウォーター = 釣れない という先入観をいとも簡単にぶち壊すほどに、デカミッツドライは釣れる。

 

管釣りを本格的に始めて約2年。

多くのプラグを使ってきましたが、

 

間違いなく一番トラウトを釣ったプラグです。

 

デカミッツドライのバリエーション(ラトル入り・無し)

 

デカミッツドライには

 

ラトル入りのタイプ

 

デカミッツドライラトルRattleの文字が目印。

 

ラトルがないタイプ とがあります。

 

デカミッツドライラトル無し

 

ラトルというのはルアーの内部に入っている金属のビーズのようなもののこと。

 

ルアーを動かすとカラカラと音が鳴るので、

ラトル入りはルアーを動かす際に音でもトラウトを誘うことが出来るということですね。

 

ただし一概にアピール力が高い=よく釣れる というわけではないので、

 

釣り場やトラウトの活性に応じて使い分けるのが良いでしょう。

 

また、”デカ” ミッツと呼ばれるだけあり、当然小さい ミッツ もあります。

ミッツドライミッツドライ

 

ミッツはフックが一つなんですね。

シルエットが小さめなので高プレッシャーの状況で活躍しそうです。

 

おすすめカラーはなんといっても「クリアー」

 

デカミッツドライのカラーバリエーションは非常に豊富。

売り場に並ぶデカミッツドライズラーっと。

 

・・・・・・ですが、

圧倒的におすすめなのが「クリアカラー」です。

 

というのも、ヒットカラーというものは基本的に釣り場の状況によって変わるものですが、

「クリアカラー」はどんな釣り場でも比較的安定して釣れるカラーなのです。(私の独断と偏見です)

 

表層クランクのカラーで迷ったときはとりあえず「クリアカラー」を選ぶのが吉でしょう。

 

デカミッツドライの使い方

 

使い方はとても簡単です。

デカミッツの使い方その①

①投げる

 

②ラインスラッグ(たるみ)をとる。

 

③そのままリールを巻かずに待つ

 

フワーッと漂うデカミッツドライ。

デカミッツドライの使い方小さいですがご容赦ください…

 

ラインがたるんだらまたスラッグをとって待つ。

 

しばらくするとデカミッツの周りに波紋が出始め・・・・

デカミッツドライの使い方ざわざわ…

 

ガバっ!!!とルアーを咥えるのが見えたら④リールを巻いてフッキングです!!

デカミッツドライのアタリ水面を割る強烈なアタック!

 

⑤あとは上手に釣りあげましょう。

デカミッツドライで釣れたニジマス上手に釣れましたー。

 

釣り方の基本はコレでOKです。

 

デカミッツの使い方その②

 

上記の方法でアタリがないときは少しアピールのアクションを加えて…

 

①投げる

 

素早く 2ー3巻きして少し泳がせる(トラウトにアピール!)

 

③5ー10秒ほど待つ。(この待たせの間で喰ってくることが多いです。)

 

④また素早く2ー3巻き

 

このストップアンドゴーの繰り返し

 

デカミッツの使い方その③

 

それでもアタリがなければ、もっとアピール力を上げて…

 

①投げる

 

素早く一回トゥイッチでアピール!!!(竿を下方向にシャクる)※素早くシュッとやるのがコツです!

 

③3ー5秒待つ

 

④またトゥイッチ!!!

 

この繰り返し。

 

魚の活性に応じて①から順にアクションを使い分けましょう。

 

おまけ

 

トップウォーターの釣りの醍醐味はなんといっても水面を割ってトラウトが飛び出してくるスリリングなアタリです。

バシャーン!!

 

アタリがあったときはリールを速く巻いて合わせが必須となるので

 

常にルアーを目で追っておく必要があります。

 

とはいえ常にルアーを視認しておくのは至難の技。

 

なので私は
こんなシール

 

こんな風に貼っています。

マーカーをつけたデカミッツドライオレンジが目印。

これで視認性アップ!!!

 

 

…さぁ皆様も今すぐデカミッツドライを手に入れてLet’s管釣り!!!

ルアー紹介関連リンク
この記事に興味がある方はこちらの記事もどうぞ!!!

ダートランってなんだ!?ティモンの爆釣ダート系ルアーをご紹介!!おすすめカラーはエンドパンプキン!?

ブング(BUNG)ってなんだ!?ティモンの新製品の縦釣り専用ルアーを徹底解説!!

ザッガーってなんだ!?HMKL(ハンクル)製の名作ミノー、爆釣カラー「トッピングフード」とは!?

ハイドラムってなんだ!?ヴァルケイン製の4連ジョイントミノーを徹底解剖!!

釣り具あれこれ リンク

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

日本一の釣りブログは↑のバナーから!クリックで応援お願いいたします!

ABOUT ME
ユッケ
ユッケ
管釣り=管理釣り場での釣りの楽しさを伝える、伝えたい。そんな感じのブログを運営しています。管釣りってなんだ!?秘密結社KTC !!(リンク:https: //whatkanturi.com ) 「貧乏釣り部員5時レンジャー」様((link:https: //gojirenjyaturibu.com/ )gojirenjyaturibu.com )の貧乏釣り部のメンバーとしても活動しています。

POSTED COMMENT

  1. ポテポテ より:

    ユッケ様

    ありがたい記事が!!
    デカミッツドライ…、いっつも買おうと思っていたんだですけど「トップウォーターのクランク」ってどうなの?という考えが強くて…。

    使い方分かったので買おうと思います!
    ありがとうございます!!

    • ユッケ ユッケ より:

      お役に立てて嬉しいです!!
      小さいミッツの方も釣れるんですがフックが一つなのでフッキング率が少し下がるんですよね。
      なのでやはりデカミッツ、まず一つということであればラトル入りのクリアカラー(クリアピンクあたり)がオススメですね!!
      これから暖かくなってくるにつれてどんどんトップで釣れる時期になってくるので楽しみです!!
      もちろん冬場でも日が出てきたり風が出てきた時はチャンスですよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください