管釣り釣行記

マスボールってなんだ!?小菅のニジマスが踊り狂う!?小菅トラウトガーデン釣行記2019年7月

マスボールってなんだ!?小菅のニジマスが踊り狂う!?小菅トラウトガーデン釣行記2019年7月

 

貧乏釣り部ミーティングin小菅トラウトガーデン

 

こんにちは、ユッケです。

 

今回は毎月恒例、

 

貧乏釣り部員5時レンジャー

貧乏釣り部員五時レンジャー

管理人『グリーン』さん主催

貧乏釣り部ミーティング7月編in小菅トラウトガーデン

の様子をお届けします。

 

小菅トラウトガーデンの看板

 

今回はお兄様、お父様も同行。

 

7:30頃から釣行開始です!!

 

フェザージグで小菅トラウトガーデンを攻略せよ!!

 

今回の目標は2つ

①とにかく甲斐サーモンをゲットする

 

②下の娘(8ヶ月)の離乳食用にニジマスを何匹か持って帰る

 

 

・・・・・・ということで、朝一からエンジン全開。

 

とりあえずはレギュラーサイズのニジマスでもいいので甲斐サーモンにこだわらず釣果を増やしていきたいと思います。

 

 

ということで、いきなりフェザージグからスタートします。

使うのはネオスタイル のクレイジーボム。

 

 

ゲット・・・・!!!

小菅トラウトガーデンのニジマス

…スレだけど。

 

 

…仕切り直してもう1匹ゲット!!

小菅トラウトガーデンのニジマス

 

 

それにしてもこの魚影・・・・。

小菅トラウトガーデンの魚影

 

なんだか無限に釣れるような気さえしてきます。

 

しかしながら、実際に釣り始めてみると

おびただしい量の見えマスがいるものの、

 

実のところ、

なかなか口は使ってくれません。

 

クレイジーボムにも、アタリはそこそこ出るものの、

なかなかフッキングが決まらず。といった状況。

 

 

「…ひょっとしてフェザーが大きいのかも?」

 

 

・・・・・・ということでお次はハートデザインのフェザージグ

 

ライトウィングLDにルアーチェンジ

 

・・・・・・ゲット!!

小菅トラウトガーデンのニジマス

 

ライトウィングはゆーーーっくりとフォールしていくタイプのフェザージグ。

 

小菅トラウトガーデンのポンドは超クリアポンドなので

 

水中をゆーーーっくりフォールしているフェザージグの様子がよく見えます

小菅トラウトガーデンのニジマスじーーーーっと観察。

 

・・・・・・はいはいはいはい。

 

じっくり観察してみて、

本日の小菅トラウトガーデンのトラウトの反応の傾向が少しわかった気がします。

 

ボトムステイってなんだ!?

 

フェザージグに反応するトラウトの様子を見ていると、

どうやら横の動きやゆっくりとしたフォール中の反応はイマイチ。

 

逆にフェザージグをボトム(底)につけてステイさせておくと、

 

…拾い食いをするようにパクっ!

 

というパターンが多い、ということがわかりました。

 

 

「…であれば、ウェイトの軽いライトウィングよりもこちらがいいのでは・・・・?」

 

…ということで選んだのはこれ。

 

ハートデザインのジグヘッドフェザージグ

ライトウイングJH です。

ハートデザインのフェザージグライトウィングJH

ライトウィングJH(ジグヘッドver) HartDesign(ハートデザイン)

 

・・・・・・これがハマる!!!

 

小菅トラウトガーデンのニジマス

 

 

小菅トラウトガーデンのニジマス

 

 

小菅トラウトガーデンのニジマス

 

少し沖にキャストしてボトムステイ(置いておくだけ)。

 

アクションは不要。

バイトに備えてラインをピーーンと張っておくと・・・・

 

 

・・・・・・ゲット!!!

小菅トラウトガーデンのニジマス

 

 

視認できる範囲でボトムステイすれば、

トラウトがフェザージグをくわえる瞬間が見えるのでよりフッキングしやすくなります。

 

 

・・・・・・といい感じでニジマス(レギュラーサイズ)を確保していると・・・・・。

 

 

隣でさっそく甲斐サーモンを釣りあげるお兄様。

小菅トラウトガーデンの甲斐サーモン

 

 

…しかも連続で。

小菅トラウトガーデンの甲斐サーモン

 

 

さらに反対隣では

貧乏釣り部ではお馴染みの大物ハンター、

『自称フリー素材 管釣り界のいらすとや』こと”ta氏”も

甲斐サーモンをゲット。

小菅トラウトガーデンの甲斐サーモン

 

・・・・・・羨ましい!!!

 

マスボールってなんだ!?

 

その後も、

秘技ボトムステイ(通称置いておく作戦)で着々と数を伸ばしていると・・・・・・。

 

 

左側が何やら騒がしい様子です。

 

小菅トラウトガーデンのマスボール

 

…なんじゃこりゃ!!!

 

 

…池内全てのニジマスが端に集まってる!!

 

 

 

これはいわゆる『マスボール』といわれるもの。

小菅トラウトガーデンのマスボール

 

なぜこんな現象が起こるのかといえば…、

 

管理釣り場に放流されている養殖トラウトちゃんたちは

養魚場でペレットという餌をもらっています。

こんなやつ。

 

ペレットは↑の写真のデカいスプーンみたいなもので

水面にバシャっと撒かれるので、

水面がバシャバシャと跳ねる様子はトラウトちゃん達の大好物。

 

 

実際にペレットを撒いていなくても、

 

トラウトが釣られて、水面をバシャバシャしている様子

ペレット撒きと勘違いしてポンド中のトラウトちゃん達が一点に群がってくるのです。

小菅トラウトガーデンのマスボール

 

 

そしてそのマスボールの先には・・・・・・

貧乏釣り部員5時レンジャー 管理人グリーンさんの姿が。

 

 

同じく貧乏釣り部の一員である”kan”さんの息子様(8歳)と一緒に

 

 

貧乏釣り部員5時レンジャーオリジナルルアー

「桃色カラコンZ」を使ってトラウトを釣り続け、

桃色カラコンZ販売ページ

 

マスボールを作り出していたのです・・・・・。

 

 

 

座りながら巨大なマスボールを創出するその姿はまさに仙人。

 

 

…早速、私もこのマスボールフィーバーに同乗します。

小菅トラウトガーデンのマスボール

 

…やばい!!!

 

 

入れ食いなんてもんじゃない!!!

 

 

釣れたトラウトをネットで取り込もうとすると・・・・・・

 

関係ないニジマスもネットに入ってくる!!!!

 

小菅トラウトガーデンのマスボール(もちろんリリースしました)

 

小菅トラウトガーデンのマスボール

 

 

…楽しかった・・・・。

 

 

kanさんの息子様も大満足の様子。

間違いなく夏休みの宿題の絵日記の一ページに刻まれることでしょう…。

 

 

…ということで、マスボールの恩恵を受けつつ、

無事、目標②『下の娘(8ヶ月)の離乳食用にニジマスを何匹か持って帰る』 は達成。

 

 

…次回はいよいよ本丸、甲斐サーモンを狙う!!

果たして、高級ブランドトラウトをゲットすることはできるのか!!!

 

 

…乞うご期待!!

 

・・・・・・続きます!!!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

日本一の釣りブログは↑のバナーから!クリックで応援お願いいたします!

 

KTCからのお知らせ:

管釣りTwitterはじめました。

ブログに書くほどのことじゃないけど

気になった管釣り関連のことをつぶやいてます。

どうぞご気軽にフォローしてください。

ABOUT ME
ユッケ
管釣り=管理釣り場での釣りの楽しさを伝える、伝えたい。そんな感じのブログを運営しています。管釣りってなんだ!?秘密結社KTC !!(リンク:https: //whatkanturi.com ) 「貧乏釣り部員5時レンジャー」様((link:https: //gojirenjyaturibu.com/ )gojirenjyaturibu.com )の貧乏釣り部のメンバーとしても活動しています。

POSTED COMMENT

  1. ポテポテ より:

    ユッケ様

    強烈な鱒ボールですよねー。
    あれが小菅の良さでもあり、悪さでもあると思います。
    だって、あの群れの中は巻けないでしょう・・・。

    でもハートデザインのフェザー欲しくなりました・・・。
    使用が小菅限定になると思うんですけど、サイトで確実に釣れるルアーですね。
    KKFで使えないのが痛いです。
    うーん、ちょっと買ってみようかなぁ。

    あ、ところで「マッチングアプリってなんだ!?」はまだですか(笑)

    • ユッケ ユッケ より:

      たしかにクランクは追ってくる魚を他の魚が遮って・・・・という感じでかなり厳しかったですね。

      ハートデザインのフェザーは喰わせ という意味でいったら他メーカーの比ではないレベルだと思います。

      ただしウェイトが軽いものが多いので感度でとるフッキングは要修練、といった感じですね。
      なので未熟な私は今だにクレイジーボムをよく使っているのです。

      マッチングアプリは一身上の都合で取材ができないので記事は書けません笑

  2. kan より:

    ユッケ様
    確かにあの日の小菅TGには、麦わら帽子をかぶり、ヘラブナ釣り師に身を隠した仙人とその弟子が、イスから立ち上がることなく鱒達を操っておりました。しかしお昼の大盛カレーライスの時間になった途端、鱒たちの渦は霧散してしまいました…。
    いやー、次からの小菅釣行で、毎回仙術を要求されそうで怖いです…。

    • ユッケ ユッケ より:

      仙術は選ばれし者のみが使える妖術ですからね笑
      あれに慣れてしまうと一般的な管釣りで満足できないマスボール中毒者になってしまいますね・・・・・・、恐ろしや。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください